オリジナルバッグ/トートバッグ/ファッションバッグ/エコバッグ/ナイロンバッグ 制作・製造/中国 バッグ工場/小ロット 縫製/OEM|株式会社GSK

トップ > ナイロン

ナイロン

ナイロンは、1936年アメリカ・デュポン社が開発・商品化した世界で初めての合成繊維。

ナイロン生地の厚み

厚みの単位はポリエステルと同じくD(デニール)を使います。

一般的な汎用ナイロン素材としては、ポリエステルより重量が軽く、引っ張り強度が強く、磨耗に強いといった特徴があります。

バッグとして使用する時には、撥水加工や樹脂加工、防汚加工など機能的な加工を施すことによりデイリーユースからアウトドア仕様まで機能面を備えたバッグを作ることができます。

ナイロン420D

420Dのナイロン生地

ナイロン840D

840Dのナイロン生地

ナイロン1680D

1680Dのナイロン生地

ナイロン生地へのプリント

ナイロン生地へのプリントは単色の場合シルク印刷がメインになります。

撥水加工などが強くされた生地ですとインクが定着しずらい可能性があるので、

お問い合わせいただいた場合にはシルク印刷が可能な生地なのかどうか検証も必要です。

生地特性により昇華転写プリントはできませんのでナイロン生地にフルカラープリントをする場合は

インクジェットプリントになりますが、コストがやや割高になります。

ナイロン - リップストップ

リップストップ生地とはその名前の通り、リップ(裂ける)ストップ(止める)、つまり生地が裂けにくいように作られた生地で、ポーチのような小物からエコバッグ、リュックまで幅広く使われています。

格子状に繊維が織り込まれ、通常の生地よりも耐久度は上がります。

生地厚や格子の大きさ、形(四方形や菱形など)も幅広く種類がありますのでお問い合わせください。

ナイロンリップストップ生地

ナイロンリップストップ生地①

ポリエステルリップストップ生地

ナイロンリップストップ生地②

ナイロンタフタ

タフタ

ナイロンオックス

オックス

ナイロン - タフタとオックス

タフタ生地とは密度が高く織られた平織り生地の総称です。薄く程よい光沢のある生地で、横方向にハリがあります。主に婦人服や、裏地、傘に使用されることが多いです。

オックス生地は、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)に2本の糸(複数本でも同等の太さになるよう)をそろえて織られた、平織りの生地の総称です。2本の糸を撚るのではなく、2本並べて織られた生地なので、模様は籠の目のよう。通気性が良く丈夫です。主にバッグやシャツなどの生地に使用されます。

用途に合わせてお選びいただくため、生地見本や色見本をご用意できますので詳しくはお問い合わせください。

ナイロン生地を使用したエコバッグはポリエステルよりも強度が高くオススメです。

エコバッグ

エコバッグはこちら

防水や防汚加工を施したナイロン生地を使用したメッセンジャーバッグ。強度があります。

メッセンジャーバッグ

この商品についてはこちら

ファッションバッグ、トートバッグにもお使いいただけます。染色やプリントも可能です。

ファッションバッグ

ファッションバッグはこちら

トートバッグはこちら